映画・テレビ

マイケル

急に時間が出来たので映画を見に行く。
マイケル・ジャクソンの「This is it」
知人が「いいよ~~」と誉めていたので前から気になっていた映画。
もしマイケルが生きていたらすごいコンサートツアーになったんだろうなと思わせる映画内容であった。

マイケル・ジャクソンが亡くなって一年ということで、色々な企画がでている。この人は本当にアメリカらしいアイドル(偶像)だ。整形で高くとがった鼻。黒人でありながら白い肌(一説には皮膚の病気らしい)。幼児虐待疑惑。亡くなった後の子供のスピーチの映像が出たが、可愛らしいブロンドの女の子だったのにもびっくりした。
そういった全てが人工的に作られたアメリカに似合っていた。

生前は色々なスキャンダルに見まわれてゴシップの提供者だったのに、亡くなったら、環境破壊問題に関心があった優しい好青年という風にマスコミの論調が変わっていったが、その事に違和感を覚えた。ただし映画を見て再確認したがこの人は本当に音楽の天才だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)