旅行・地域

尾道

20代の時に映画の影響で広島の尾道に行った事がある。
監督の見方、撮り方によって普通の町並みも叙情的になることに感動した。
坂道のある風景っていいな。Sdscn1551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末吉探検隊

       

  島津3

 

前回まで平李基とはどういう人かについて述べてきました。この季基が伊勢の神の神託を受けて建てたと言われるのが都城市の神柱宮です。

神柱宮は都城の神社の総社といった地位にあり、現在は都城市の中心部にあります。しかし神柱宮は当初、梅北町の現在の黒尾神社の所にありました。万寿3年(1026年)季基がこの中郷の梅北の地に屋敷を建てようとしたところ、伊勢の神の託宣があり、「われは伸勢の外宮なり。此の地にて衆生を護らんとする。すみやかに社を建て神社の名を神柱と称すべし。これを信ぜずんば(信じないのなら)人を伊勢の囲に上げて問うべし」ということだった。

季基が直ぐに伊勢に使者を出したところ、伊勢神宮にも同じ神託があって「日向の国 荘内益貫に我を祀るべし」とのことだったという。奇遇と言おうか、たまたま梅北からの使者と、伊勢からの使者が同じ宿に宿泊することになって、互いに伊勢の神の託宣を知った。神柱宮はこうして伊勢神宮から分霊を受けて建立されたとわれています。


上 神柱宮  下 黒尾神社


Img_1032

 

 

 

                                    Img_0960    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

末吉探検隊

          島津2

 島津氏は、通説では惟宗忠久が日向国島津庄(現在の都城)の地頭を命じられて島津を称したのが始まりといわれています。
日本最大の荘園である島津荘園は、大宰府の役人であった平季基が、弟と共に日向諸県群島津にきて所有者のない荒野を開墾して、関家の藤原頼通に寄進したのが始まりです。島津というは古の都城方面のことらしい。

平李基はその後末吉の橋野に隠遁します。

写真が平李基の末吉にある墓です。S_006 畑の中に
ある実に素っ気ない墓です。後世の島津一族の繁栄を考慮すればもう少し大きく祭ってもよいように思えます。彼は後に若一神社や神柱神社を建立します。S_012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末吉探検隊

島津1

NHKの大河ドラマの「篤姫」、評判良いですね。篤姫は島津家の一門に生まれています。鹿児島といえばどうしても出てくるのが島津の殿様です。

かの司馬遼太郎が「歴史を紀行する」のなかで、「・・江戸期になってしまえばもはや鎌倉以来の大名といえば島津家一軒である。あとの大名の家は近々一世紀以内に成り上がった出来星大名ばかりで、徳川家もその例外ではない・・・世界中をさがしても日本と英国の王室をのぞいては島津氏のほかないであろう」といわしめています。

島津氏のおこりは惟宗忠久が日向国島津庄(現在の都城)の地頭を命じられて島津を称したのが始まりといわれています。実は島津という名前は末吉にふか~く関係しています。今回はそのお話。

S

| | コメント (3) | トラックバック (0)

末吉探検隊

 檍神社2

檍神社の話を前回しましたが、読み方が分からないとのコメントがありました。
すいません、あおき神社といいます。

前回は古事記の話をしましたが、日本書記にも同じ物語があります。少し抜粋します

伊奘諾尊(いざなきのみこと)は、筑紫(つくし)の日向(ひむか)の小戸(をど)の橘(たちばな)の檍原(あはきはら)という所に来られて、……
そこで伊奘諾尊は「上の瀬は流れが激しい。下の瀬は流れが弱い」と仰せられ、初めて中つ瀬に飛び込んで身をすすいだ時に・・・・・

伊奘諾尊が禊ぎをした「檍」の地名が前回もお話したように大淀川の上流と下流にあるのは何か意味があるのでしょうか?
筑紫--九州 日向--宮崎(昔、末吉は都城県にあった) 小戸--大淀川にある
檍神社。全部符号があっています。
おまけにこの檍神社の近くを流れている川(大淀川)を中津川と言います。Simg_0952

この神社には池もありまして、「小戸池」といいます。妊婦がこの池の水を飲むと安産になると言われています。また、水を汲みに行くときには必ず二人で行き帰りに知人にあっても立ち止まらずに帰らないとお産が重くなると言われていたようです。

今でもお乳から水のでる仏像があります。
近くの人に聞いたら最近は使用する人もいないので水がでなくなっているが、ほんの数年前までは後ろの蛇口をひねると地下水がでたとの事でした。

Simg_0933


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末吉探検隊

   住吉神社②

住吉神社の頂上にある姥岩は「立石」(メンヒル)あるいはドルメンであろうと言われている。メンヒルとは主に海外で大きな長大な石を直立させた物である。ドルメンとは大体数個の石を立ち並べて部屋を囲い、その上に大きな天井岩を乗せた墓室である。
鳥居博士が発掘した当時
  「これは珍しい」  「古墳ではないが、古代の建立でである」  「末吉のメンヒルは山腹に住吉神社がありおそれ多い事ながら高屋山稜のメンヒルと同型ものである・・・・」と語った事と新聞報道に記載されている。

さて、末吉の姥石と同じものがあるといわれている高屋山稜って何?
で、写真を撮りに行って来ました。溝辺空港の近くにあります。Img_0613

なんと宮内庁管轄。過去に明治天皇が参られていらい今日まで天皇皇族の御参拝が相次いでなされているとの事。
この山稜にまつっているのが彦火火出見尊(山幸彦)です。

次回はこの山幸彦って誰かを述べたいと思います。

Img_0606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末吉探検隊

       住吉神社①

Img_0417 私が小学生の時のお別れ遠足は毎年ここでした。説明文の内容を抜粋してここに転機します。

「創建の年代は古代の建立というも明確でない。 末吉には古事記・日本書紀に見られる神話の地名が数多くあり、イザナギノミコトが檍ヶ原で禊ぎ祓いをされたときに住吉三神が生まれたので、この地に上古より住吉神社を建てたと言う(三国名勝図会)」

末吉の地名は確かに面白い。イザナギが禊ぎをした檍ヶ原の名前の檍神社や、中津瀬、天の岩戸神社なんていうのもあります。このあたりの事についてはまた、別の時に書きたいと思います。

薩摩藩が編集した三国名勝図会にびっくりする事が書かれています。当地の住吉神社は住吉神社の根本であると書かれています。つまり末吉の住吉神社が全国の住吉神社の根本であるというのです。う~~む。
この住吉神社のある住吉山の頂上にはかまど型の姥石があります。そこの説明文によりますと「・・・鳥居博士はこの石を立石(メンヒル)と言われた。・・・八幡一郎氏はドルメンの一種であろうと言われた・・・」
メンヒル??ドルメン??姥石を調べるともっとびっくりする事実が分かりました。それでまた、次回で。Img_0425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末吉探検隊

 グローバル社会といわれて久しい。アメリカのサブプライムローンが破綻して、日本の株価が下がるのを見るとそのことを実感します。国際社会だからこそ自分達のアイデンティティーを確立しないと自分を見失いがちになります。私の住んでいる町はどんな処なのでしょうか?私が住んでいる地域の色々な物語を探していきたいと思います。

 末吉(すえよ)という地名はどこから来たのでしょうか?末吉町教育委員会が出版している「末吉郷土史」によると「末吉は住吉から転化してきたもの」と記載されています。まずは末吉の象徴ともいえる住吉神社から探検していきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出水市に行く(3)

         ぶんちゃんラーメン
     (ねぎ山盛りのもやしラーメン)        

時間があれば、かじか温泉に浸かってゆっくりしたかったが・・・。次の取材先と行く。
国道3号線のだだっ広い駐車場の片隅にそのお店はありました。ぼ~~として運転していると見過ごすようなお店です。Img_0470_2

約束の時間より30分前にきたので広い駐車場で時間をつぶしている(駐車場の敷地の広さや立地条件から元々ここはパチンコ屋さんではないだろうか?)お客さんが次から次ぎに入っていく。後で聞いたら鹿児島でも有名なお店でした。

注文したのはピリ辛ねぎともやしが山盛りのもやしラーメン(700円)
ネギにこだわっています。地元のネギでは粘りがでるのでわざわざ北の地方から取り寄せているらしい。麺もしこしこしてうまい。スープはピリ辛で豚肉との相性が抜群にいいです。
ネギが苦手の方には普通のラーメンもあります。この麺とスープなら普通のラーメンも間違いなくおいしいに違いない。Img_0471_2

ぶんちゃんラーメン鹿児島県出水市7379-1国道3号線沿い電話(0996-67-4493)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出水市へ行く(2)

        湯川内温泉   かじか荘

Img_0456

さて、おいしいランチを食べて幸せな気持ちで向かった所は温泉。
「かじか」って蛙の事です。私もここに来て初めて知りました。夏場は蛙の鳴き声が近くを流れる川から聞こえて風情があるそうです。

湯川内温泉は今から240年前に発見されその後120年間は島津家御用達の温泉とし利用されていたそうです。明治以降は一般市民も使用できるようになりました。

泉質   単純硫黄泉  39度

効用   神経痛・リュウマチ・胃腸病・自律神経失調症

ここの温泉、透明度がすばらしい。エメラルドグリーンの温泉が深さ120センチの浴槽にこんこんとわき出している。写真ではわかりづらいかもしれないが上からみると湯船にお湯が張っているようには見えない。温度39度を薄めずにそのまま流しているので最初がぬるい。しかしジワジワと体の芯から暖まってくるらしい。皆さん1時間位温泉に浸かっているとの話しでした。

住所 鹿児島県 出水市武本2060 電話0996-62-1535

営業時間  7:00~21:30 年中無休 

入浴料   一般(大人300円)幼児・小学生(100円)

宿泊も可能です。

   

Img_0457

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧