« 末吉探検隊 | トップページ | 読書日記 »

 読書日記

景気ってなんだろう    岩田 規久男   ちくまプリマー新書

読んだ本がたくさんたまっています。一度読んだだけでは頭に入らないので、読後の感想文が重要なのですが・・・。

この本は経済学の泰斗が高校生向けに優しく解説している。
景気とは何か?何故景気は循環するのか?景気をコントロールする金融政策と財政政策とは何かを分かりやすく解説する。
民間企業の設備投資が増えると、国内総生産、消費、企業収益、人々の所得が同時に増加して、景気を刺激する。また、国内総生産を需要するもうひとつの国内の主体である政府も景気を刺激する重要なファクターである。
このことから、日銀が決定する金利や国が発行する国債がいかに経済に影響を及ぼすかがよく分かった。
また、今の世界の経済の流れは、日本や振興・発展途上国が貿易で稼ぎ、稼いだ金をアメリカとEUに貸し、アメリカとEUは日本と振興・発展途上国から借金して、輸出する以上に輸入しているというのが最近の世界の貿易とお金の流れである。なんの事はない、日本が貿易で稼いだ金を欧米に貸し、欧米はその借りた金を国内の消費に回して日本からの輸入品を消費しているという自転車操業のような世界経済の流れである。
以上のシステムを理解すると現状の異常なバブルの破綻は必然であったことが良く分かる。


|

« 末吉探検隊 | トップページ | 読書日記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523984/30428393

この記事へのトラックバック一覧です:  読書日記:

« 末吉探検隊 | トップページ | 読書日記 »