« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

末吉探検隊

島津1

NHKの大河ドラマの「篤姫」、評判良いですね。篤姫は島津家の一門に生まれています。鹿児島といえばどうしても出てくるのが島津の殿様です。

かの司馬遼太郎が「歴史を紀行する」のなかで、「・・江戸期になってしまえばもはや鎌倉以来の大名といえば島津家一軒である。あとの大名の家は近々一世紀以内に成り上がった出来星大名ばかりで、徳川家もその例外ではない・・・世界中をさがしても日本と英国の王室をのぞいては島津氏のほかないであろう」といわしめています。

島津氏のおこりは惟宗忠久が日向国島津庄(現在の都城)の地頭を命じられて島津を称したのが始まりといわれています。実は島津という名前は末吉にふか~く関係しています。今回はそのお話。

S

| | コメント (3) | トラックバック (0)

末吉探検隊

 檍神社2

檍神社の話を前回しましたが、読み方が分からないとのコメントがありました。
すいません、あおき神社といいます。

前回は古事記の話をしましたが、日本書記にも同じ物語があります。少し抜粋します

伊奘諾尊(いざなきのみこと)は、筑紫(つくし)の日向(ひむか)の小戸(をど)の橘(たちばな)の檍原(あはきはら)という所に来られて、……
そこで伊奘諾尊は「上の瀬は流れが激しい。下の瀬は流れが弱い」と仰せられ、初めて中つ瀬に飛び込んで身をすすいだ時に・・・・・

伊奘諾尊が禊ぎをした「檍」の地名が前回もお話したように大淀川の上流と下流にあるのは何か意味があるのでしょうか?
筑紫--九州 日向--宮崎(昔、末吉は都城県にあった) 小戸--大淀川にある
檍神社。全部符号があっています。
おまけにこの檍神社の近くを流れている川(大淀川)を中津川と言います。Simg_0952

この神社には池もありまして、「小戸池」といいます。妊婦がこの池の水を飲むと安産になると言われています。また、水を汲みに行くときには必ず二人で行き帰りに知人にあっても立ち止まらずに帰らないとお産が重くなると言われていたようです。

今でもお乳から水のでる仏像があります。
近くの人に聞いたら最近は使用する人もいないので水がでなくなっているが、ほんの数年前までは後ろの蛇口をひねると地下水がでたとの事でした。

Simg_0933


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »