« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

末吉探検隊

   檍神社

末吉には日本の神話にゆかりのある地名が多い。

私は日本の神話を習わずに育った世代です。しかし日本の国作りに出てくるイザナギとイザナミの名前くらいは知っています。ざっとこんな話しです。
火の神様を産んだことが元でイザナミは死んでしまいます。夫のイザナギが無くなったイザナミ(イザナギの奥さん)に会いに黄泉の国に行きます。しかし、、そのあまりに変わり果てた姿にびっくりして黄泉のくにから逃げ帰って、やっと元の土地に戻ってきます。このときに汚れた体を禊ぐために「筑紫の日向の橘の小門(おど)のあわき原」にて禊ぎをします。そこでイザナギは「上の瀬は流れが激しい。下の瀬は流れが弱い」と仰せられて初めて中ほどの瀬に飛び込んで身をすすぎます。この後古事記はアマテラスとスサノオの話しになっていきます。

さて、「筑紫」は一般に九州全般を指すと言われています。「日向」とは宮崎の事です。そして、小門(おど)が変化して大淀川になったのではと言われています。実はこの大淀川の上流(末吉)と下流(宮崎市)に檍という地名があります。

Simg_0924

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »